配達基本編

Uber Eats(ウーバーイーツ)夜用の配達に便利な装備とは?【テールライト編】動画あり

2019年8月28日

02 teel

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で怖いのは交通事故です。

ある程度は自分で気をつければ防げるものの、後ろから車に追突されたら、どうしようもありません。

対策は、点滅するテールライトがオススメ

わたしが購入した、夜用・昼用の自転車用・テールライトをご紹介します。

事故を未然に防ぐ装備をゲットして、安全に配達しましょう。

追突事故の致死率は出会い頭事故の約10倍

追突事故は一番致死率が高い!

Tsuitotu

「(財)交通事故総合分析センターより」

新人さん
これは何のグラフなの?
過去の交通事故データを集計して、事故の種類ごとに致死率を表したグラフだよ。
達人くん

自転車を運転していて、致死率が一番高いのは、致死率4.7%の追突事故でした。自転車で走行中に、後ろから車に追突される事故のことです。

事故の原因で一番多いのは、発見の遅れ

自動車の運転手がなぜ追突事故を起こしたのか?

その理由のNo1は、『発見の遅れ』です。

Teel toukei2

追突交通事故の内、発見の遅れが原因の事故は、なんと78%もあります。

新人さん
怖いねー
そこで、発見されやすいように、テールライトを装備しよう!
達人くん

自転車に取り付けてある反射板だけでは不安です。よほど近くまで接近しないと効果は薄いでしょう。

明るく後方からよく見える自転車用のテールライトを装備して、少しでも発見されやすいように気をつけたいところです。

Twitterの声

オススメ・夜用の自転車用テールライト

Amazonで人気上位は、キャットアイ

キャットアイ(CAT EYE)
¥1,123 (2020/07/10 01:15:16時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのテールライト・売れ筋ランキングを見ると、キャットアイのテールライトが人気ですね。ベスト10のうち、7つもランクインしています(2020年2月27日時点)→ Amazon・テールライトランキング

でも、わたしが選んだのは、ランキング22位のByblight 自転車 テールライトです。

新人さん
なんでーなんでー
結構、口コミとか細かく調べたんだよねー、メリットとかデメリットも!
達人くん

他のテールライトで気になった口コミ

  • 走行中、外れてしまいそうになるので、テープで止めた
  • 取り付け用のゴムが切れてしまった
  • 防水機能が付いてない

Byblightに決めた理由

  • 5点満点でレビュー評価は 4.2
  • IPX4防水機能つき
  • USBで充電できる
  • 赤色と青色の交互点滅でカッコイイ

ということで、購入したのはこちら。

20190523 2019 05 23 10 15 06

Byblight 自転車 テールライト usb充電式 高輝度ledテールライト セーフティーライト

20190523 2019 05 23 10 15 30

USBで充電出来ます。

1回の充電で使えるライトの点灯時間は、点灯だと2〜2.5時間、点滅だと4〜7時間です。赤と青の点滅だと7時間もちます。

20190523 2019 05 23 10 17 15

説明書も付いてますけど、まあ、見ないでも分かるレベルで簡単でした。

20190523 2019 05 23 10 17 23

取り付け、取り外しもロックをワンタッチするだけです。

20190608 2019 06 08 15 36 41

横向きにも縦向きにも設置できます。

過去、半年間、夜間走行時は常に使用しています。ゴムバンドが切れたり、本体が落下したりなどのトラブルは一度もありません。

オススメ・昼用の自転車用テールライト(デイライト)

新人さん
昼間にテールライトなんか要るの?
事故の統計を見ると、追突事故の約半数、53%は、昼間に発生しているだよ!
達人くん

Teel toukei1

新人さん
でも、テールライトって昼間もちゃんと光るの?
そこでオススメなのが、昼間用のテールライトだよ。デイライトとも言うらしい
達人くん

20190608 2019 06 08 06 46 12

昼間+夜間テールライト・ボントレガーのFLARE R(フレアアール)

7千円近くする、結構お高いテールライトです。

Amazonなどでは販売していませんでした。大きなサイクルショップだと手に入ると思います(福岡地区の場合、天神ロフトのB1にあるY's Road 福岡天神店で売ってました)

20190608 2019 06 08 06 46 43

なにが凄いかといいますと、光の届く範囲が、最大の65ルーメンにセットすると、なんと2km先なんですねー

点灯モードは昼間用、夜間用の計5種類用意されています(Steadyは点灯、Flashは点滅)

上の図の説明

  • Range ‥ 光の届く範囲(km)
  • Run Time ‥ 連続点灯時間
  • Lumens ‥ ルーメン。明るさの基準となる光の単位

MAXモードの「Day Flash」だと65ルーメンで点灯時間は5.75時間です。

20190608 2019 06 08 06 48 33

このテールライトも充電はUSBタイプです。

20190608 2019 06 08 06 49 57

昼用、夜用にそれぞれ点灯モードと点滅モードが用意されています。

20190608 2019 06 08 06 50 10

取り付け取り外しはワンタッチです。ちょっと固さを感じるくらいしっかりとホールドされるので、落下などの心配はありません。

昼間と夜間、テールライトの動画

実際に点滅している動画を見ていただくのが一番良いかなと思います。

夜用のテールライトはたくさんありますけど、昼用のテールライトは、このボントレガーのFLARE R(フレアアール)しか見つけられませんでした。

ちょっと高いけど、昼も夜も使えると考えるとコスパは良いのかもしれません。

20190608 2019 06 08 15 36 59

命はお金に変えられない

Uber Eatsの配達パートナーを始めて約半年が過ぎました。

「あっ、危ない!」って、ひやっとした経験、けっこうあります。

毎日、安全運転を心がけて配達を開始するんですけど、どんなに気をつけてももらい事故は防げないので、テールライトのように事故を未然に防ぐ装備は大切だなあと実感しています。

以上、わたしが使っているオススメの昼間用・夜間用のテールライトのご紹介でした。

  • この記事を書いた人

たかはん

福岡でUber Eatsの配達パートナーとして稼働中です。2020年6月に配達回数 3,000回を超えました。昭和生まれのおじさん。Uber Eatsのお役立ち情報を発信中♪ 配達のコツや稼ぐ秘訣、最新クーポン情報など、ジャンジャン紹介致します。

-配達基本編

© 2020 Uber Eatsの取説